歯医者がデンタルフロスをすすめる理由

subpage01

ふとした瞬間や、歯を磨いているときなどに自分の口臭が気になることがあります。



口臭の原因には体調の乱れや虫歯、歯周病などがあげられますがその他にも、歯と歯の間の汚れなども口臭の原因となります。
口臭予防にはしっかりと歯を磨くことや口臭予防効果のある歯磨き粉を使うのも良い方法ですが、歯医者がすすめる口臭予防にデンタルフロスがあります。デンタルフロスとは簡単に言うと糸ようじです。


毎日丁寧にしっかりと歯磨きをしていると自分では思っていても歯と歯の間には多くの歯垢が残ってしまうことが多く、その歯垢は虫歯や歯周病、口臭の原因となってしまいます。

そのため歯と歯の間の歯垢を落とすにはデンタルフロスを使うことを歯医者はすすめるのです。

OKWave情報を網羅した総合サイトです。

デンタルフロスは1本の細い糸でどのような細い歯間であってもしっかりと入り込むことができ、虫歯の発生しやすい歯間を隅々まできれいにして虫歯を予防することができます。

またそれだけではなく歯間をきれいにすることによって口臭を軽減することができますし、デンタルフロスを使う際に引っ掛かりを感じたり、他の部分と比べてざらつきがある、出し入れする際に糸がほぐれたりするなどと言うことによって虫歯の初期症状や治療後の詰め物の不具合などに気が付きやすくなります。



また歯医者がデンタルフロスをすすめる理由にはデンタルフロスは糸で作られているので血が出ると色が付きやすく、それによって微量な出血でも気が付きやすいため歯茎の異常にも気が付きやすいと言うこともあげられます。

デンタルフロスを使って口臭や虫歯などを予防し、何らかの気が付きがあれば歯医者に相談するようにすることで口腔内の健康も維持できるようになります。