テレビ会議システムを使って迅速な意思決定を

通信技術の著しい進化と発達によって、映像配信のクオリティは格段に上がりました。

昔のテレビ会議では動画と音声にタイムラグがあったり、コマ送りのように動きがカタカタとなるものがほとんどでしたが、今や放送のテレビ番組視聴と同じくらい、鮮明でなめらかな映像送信が可能です。テレビ会議システムはこれまで「時間と距離を節約できる」といった程度の、電話の延長線上のような扱いでしたが、臨場感と高画質大画面によるテレビ会議が可能になれば、それ以外にも数々のメリットが期待できます。

テレビ会議の情報を掲載しています。

たとえば商品の試作品のチェックにおいて、意思決定者が現地に出向くまでもなく、詳細な部分まで確認することができます。

同時に膨大なデータも会議をしている者どうしで共有できますので、会議中に書類を探してしまうなどの無駄な時間を省くこともできます。



企業の競争のなかで大切なことは、迅速な最高責任者による意思決定と言われています。

データの少ない中での意思決定は誤った判断を招くこともありますし、音声だけでのやりとりであれば相手の心情が分かりづらいです。

テレビ会議は商品、データ、そして相手の表情を見ながら、無駄な時間を省き、スムーズに会議をすすめることができます。

産経ニュースを求める人にお勧めしたいサイトです。

また、中継システムを導入すれば、それまで同じ商品を生産する工場で、社員がその場だけの様子しかうかがい知れなかったところ、他の工場がどのような仕事をしているのか、常時チェックすることができ、社内での競争力と生産力をあげることも可能になるでしょう。